佳和のマンガ感想倶楽部

少女マンガの感想をテンション高めにお送りします。

あ-甘くない彼らの日常は。

「甘くない彼らの日常は。」12話の感想

前日に千尋と七海がにこやかに話しているのを見てから かなり不機嫌な礼です。 雪の「七美は他のコ達よりかなりマシだから、礼に 手を出さないんであれば近くにいても不快ではない」 「千尋とくっつくのが俺にとってはベストな展開」 と、千尋本人に言います…

「甘くない彼らの日常は。」11話の感想

夏休み中、民宿でバイトすることに。 しかし、労働なんてしたことのない3人。 イケメンである以外は足手まといといってもいいくらいで(笑) なので、七海は3人を手分けして作業させます。 「働くっていうのは大変なんだ」と一条くんと千尋くんは 七海に言い…

「甘くない彼らの日常は。」10話の感想

三角関係勃発かと思いきや、 実は両想い?? どうなんでしょう。 この表情。 千尋は完全に意識して、七海に接してます。 鈍感な七海はもちろん気づきません(笑) 一条クンがこの表情ってことはねぇー。 そういうことか? 次回、バイトがらみの合宿?? この…

「甘くない彼らの日常は。」9話の感想

補習がヤバい千尋のために、4人で勉強することに。 千尋の弟&妹の事情(?)で一条くんの家に行けなくなった と、連絡があり、ならばと千尋の家に。 ヤクザの跡取り息子でもある千尋は実はものすごく それを気にしているみたい。 だからこそ、弟や妹の迎え…

「甘くない彼らの日常は。」8話の感想

ケータイ失くしたことに気づいた緑は、 夜の自由時間の間に探すことに。 女子生徒の大群から逃げてきた一条くんも探すことに。 そういえば家入くんがすったもんだしたところで・・ と、思い出したらありまして一安心。 ケータイ探すって下ばかり見てたので一…

「甘くない彼らの日常は。」7話の感想

この構図は・・まさかの 一条 家入 → 七海緑 五嶋 となる??? でも、なんで一条礼っていう名前にしたのかなぁ。 奇面組思い出すんだけど。 まぁ今回はメインは家入くんでした。 彼は一条くんにものすごく執着があって、 そのせいか、必要以上に仲良くして…

「甘くない彼らの日常は。」6話の感想

一条財閥の息子がド貧乏の七美宅でうどんをごちそうになる件。 思わず「貧乏な家なんだからお金払えよ」と思ってしまった。 緑は弟を紹介するときも「可愛い弟です」という ところが徹底してる~。 溺愛の弟です。 とりあえず、一条くんの心はつかんだか。 …